雨漏れ調査に行ってまいりました!part.2

皆様こんちは!昨日も横浜市旭区のN様より「玄関の壁から雨漏れするから調査してほしい」とのご依頼があったので、さっそく調査に行ってまいりました。

こちらが玄関ポーチです。築年数は30年位で、7年前に某有名リフォーム業者で屋根の上葺き(カバー工法)をやっているお客様です。よぉ~く見てみると下地の木が腐食していました。

これにはお客様も大変驚いていた様子で「リフォームした会社に電話してみる!!(怒)」と言い直ぐに電話をしにお家に入っていきましたが、30分程すると戻って来られて「納得いくような回答がなかったから、御社で見積りを出してください。」とお見積のご依頼をいただきました。

目次

今回の原因と改善法

なぜ7年前に屋根工事をしたのにも関わらず(しかもかなり高額な金額で)雨漏れをしてしまったのでしょうか?使用した屋根材が既存のポーチの勾配にあってないもの使用したからだと考えられます。

この様な形の屋根材は屋根勾配が2.5寸以上ないと施工不良が起きやすい物になります。N様の玄関ポーチの屋根の勾配はほぼまっ平な勾配だった為に施工不良が起き雨漏りがおきてしまったと思われます。屋根材自体はとても良いものを使っているので大変もったいないのですが、お客様と協議した結果、弊社のご提案としては玄関ポーチの屋根の葺替え及び大工工事をご提案することになりました。業者さんによっては営業マンの人が現場ことをあまり理解していないのに「この塗装は凄く良い物です!」とか「この屋根材を使っていただければ雨漏りは一生しません」とか営業トークをすると思います。確かにそれは良い物かもしれませんが、お家の現状に合っているかは別問題です。しっかりお家のことを理解しているプロが見て適材適所の物ご提案すれば無駄にお金を使うこともありません。株式会社ブリッジハウスでは、現場に出て10年以上のプロ達がお客様のお家をキチンと点検・診断をしてお客様にとって無駄なご提案は一切しません。「ちょっと聞きたいことがある」「変な業者が来て脅された」でも何でも聞いて下さい。点検・診断・お見積りは完全無料でやらせていただいてます。どうぞよろしくおお願い致します。

ブリッジハウス

主な対応エリア

大和市、横浜市、藤沢市周辺エリア。 ご要望があれば、神奈川県全域、東京都全域も対応させて頂きます。

コメント

コメントする

目次
閉じる